WEBONDについて

Motivation

WEBONDを始めた動機

WEBOND代表の伊禮は学生時代に抱いた「飲食店開業」の夢を叶えるため、沖縄県の高校を卒業後、関東で4年間修行をしました。

地元・沖縄県に戻り飲食店で勤務するも、副鼻腔炎を煩い飲食業を退職。

合計8年間勤めた料理人を辞めた後、「どうにか飲食店に関わる仕事ができないかと?」模索しながらプログラミングに出会いました。

プログラミングを学んでいるうちに、これまでお世話になった飲食業界をWEBでサポートしたいと思うようになり、ホームページ制作とマーケティングという接点で関わりを持つことを決意。

そんななか、新型コロナウイルス蔓延により特に大きな被害を受けているのが沖縄県の飲食店だと知りました。

そこで、沖縄県内の飲食店様を対象としたWEB運用事業として、WEBOND(ウェボンド)を始めたのです。

実は、沖縄県の飲食店で勤務していた頃から「沖縄県の中・小規模飲食店は集客が弱い」と感じていました。

実際に飲食店様にヒアリングを行い

・ホームページがあるのに活用できていない。
・そもそもホームページを持っていない。

という飲食店様が多いことがわかったので、WEBONDで集客サポートをさせていただくことにしました。

今ではありがたいことに、飲食店様だけでなく美容室様のお手伝いをさせていただく機会もいただいており、ますます多くの店舗様のサポートをさせていただきたいです。

resume

代表の経歴

WEBOND代表の伊禮賢司の経歴

1990年:沖縄県で生まれる
2008年:県内の高校を卒業後、神奈川県箱根湯本のリゾートホテル(和食調理課)に配属
2010年:東京都品川区の高級江戸前寿司店で修行
2012年:沖縄県恩納村の沖縄料理屋に勤務
2014年:沖縄県うるま市の回転寿司屋に勤務
2015年:沖縄県沖縄市の海鮮居酒屋に勤務
2016年:副鼻腔炎を患い飲食業界を退職
2017年:プログラミングを学ぶ
2021年:WEBOND(ウェボンド)開始

WEBOND代表:伊禮賢司
thank you

ご協力企業

WEBOND(ウェボンド)の活動に協力していただいた企業様をご紹介します。