個人事業主様・中小企業様はお気軽にお問い合わせください。

事業ホームページに求められるデザインとは?【重要なのは情報整理と機能性】

事業ホームページに求められるデザインとは?【重要なのは情報整理と機能性】
相談者
相談者
  • ホームページに求められるデザインが知りたい
  • ホームページのデザインに必要なことを知りたい

このような疑問にお答えします。

「事業ホームページに求められるデザインとは何ですか?」と質問すると「オシャレで綺麗な見た目」をイメージされがちですが不正解です。

実は、事業ホームページに求められるデザインとは、整理された情報と機能性のことです。視覚的にわかりやすく、使いやすいホームページ設計が求められます。

どんなに綺麗な見た目でも、欲しい情報にたどり着けないとホームページの目的を果たせません。

この記事では、事業ホームページに求められるデザインについて詳しく紹介します。記事を読めば、あなたの事業ホームページを作る上で必要なデザインがわかります。

デザインを知らないままホームページを制作しても、成果を上げるのは難しいです。ぜひ、抑えておきましょう。

目次

事業ホームページのデザインに求めるスキル

事業ホームページのデザインに求めるスキル

事業ホームページには、見やすくて使いやすいデザインが求められます。視覚的にわかりやすいデザインのために必要なスキルを3つ紹介します。

ホームページ全体を構成するスキル

ホームページに訪れたお客様に安心してもらうために、全体の構成は重要です。全体の構成をベースにして、制作が進むからです。

必要なはずのページが不足していると、機会損失の原因になります。ホームページにアクセスしたお客様が離脱しないために、全体の構成は明確にしてください。

必要なページ数の確認

お客様が訪れたときに、欲しい情報がなければホームページの役割を果たせないです。安心してもらうためにも、不足ページがないようにチェックしてください。

ホームページの目的や、事業内容によって異なりますが、おもに下記のようなページが必要です。

  • お知らせ(投稿)一覧
  • プライバシーポリシー
  • 商品(サービス)詳細
  • 販売実績やお客様の声
  • お問い合わせフォーム

お知らせやブログ記事を更新していく予定なら、一覧ページの掲載方法や掲載箇所も決めておきましょう。必要なカテゴリー数などもはじめに設計していると、運用がスムーズです。

TOPページで強調したい情報の整理

ホームページのなかで、TOPページは看板と言えるほど重要です。掲載する情報も厳選してください。

ただ情報を詰め込むではなく、お客様が求める情報を整理しなければいけません。詰め込みすぎると縦に長すぎて、読みにくいページになります。途中離脱を防ぐためにも、情報の整理は重要です。

各項目の概要だけ記載して、詳細は個別のページで伝えるのが一般的です。

ホームページ全体の統一感やまとまり

ホームページのデザイン段階で、全体の統一感を決めておきましょう。下記の項目を意識してください。

  • メインカラーとサブカラー
  • フォントのサイズ
  • フォントの種類
  • コンテンツの幅
  • 装飾の種類

統一感がないと、初心者感が伝わります。正しい情報を書いていても、信頼されにくいのでもったいないです。

ページごとのレイアウトを整えるスキル

ページごとのレイアウトを整えるスキル

各ページごとのレイアウトを整えるスキルも求められます。同じ素材を使っても、画像や文章の配置によって、お客様に与える印象が異なるからです。

パーツごとに見ると、ページ全体がズレやすいです。フルスクリーンショットなどで、ページの全体像を見ると、違和感が見つかります。

ページのレイアウトが決められないなら、WordPressのテーマを使うのも良いでしょう。ホームページがテンプレート化されているので、1からデザインする必要がありません。

画像の作成スキル

ホームページをデザインするには、画像を作成するスキルも求められます。なぜなら、ホームページ内にはさまざまな画像が使われるからです。

画像の選定
写真や有料素材から、使用する画像を選ぶ
画像の加工
画像を重ねたり、背景のカットなどの加工
色味の調整
与えたい印象によって、明るさや使う色を決める

画像は文章よりも、一瞬で伝える情報量が多いです。印象に残りやすいので、しっかり作り込んでください。

画像作成でもっとも使われるツールは、「Photoshop」です。

事業ホームページをデザインするために必要な情報

事業ホームページをデザインするために必要な情報

事業ホームページをデザインするために、欠かせない情報が3つあります。知らないままでは、目的を達成するホームページは作れないので、抑えておきましょう。

訪問者の情報収集

ホームページに訪れる見込み客の情報を整理してください。見て欲しいお客様によっては、デザインが異なるからです。

どんな人?
見込み客の年齢層や、性別、国籍によって好みのデザインは異なる
なんの目的?
役立つ情報が欲しいのか、商品やサービスが欲しいのか
どの端末で見る?
PCだけでなく、スマホ向けのレスポンシブ対応は必要か

他社の事業ホームページを見てください。それぞれの見込み客に向けたデザインになっていることがわかります。

たとえば、高齢者向けのサービスなら、派手な装飾やアニメーションは不要です。文字を大きくしたり、文章を読まなくても伝わりやすい画像を使ったデザインが好まれます。

ホームページ規模の把握

事業ホームページをデザインする前に、想定しているホームページの規模を把握しておきましょう。大規模なホームページを目指すなら、WordPressなどのCMSを使わないと大変だからです。

WordPressなら、ページの大枠をテンプレート化できます。管理画面からページ作成ができるので、更新の手間を省くためにおすすめです。

ホームページの公開後にページを増やす予定がないなら、WordPress化しなくても良いでしょう。しかし、将来的にページを増やす可能性があるなら、WordPress化しておくのが安全です。

事業ホームページには、保守と運用に最適なWordPressがおすすめです。

ホームページの目的を理解する

ホームページをデザインするときは、制作の目的を理解しなければいけません。なぜなら、目的によって見た目や構成が異なるからです。

  • 集客
  • 事業紹介
  • ブランディング

事業によって、さまざまな目的があります。目的を達成するための導線がわかれば、デザインを作成する軸ができます。

なんとなくでデザインを始めると、なにも伝わらないホームページになるので危険です。

目的達成に運用が必要なら、WordPressで制作するのがおすすめです。WordPressがもっとも運用効率の高いCMS(コンテンツ管理システム)だからです。

実際に、世界中の多くの企業ホームページでもWordPressが使用されています。

ホームページのデザインが向いている人の特徴

ホームページのデザインが向いている人の特徴

ホームページのデザインには、スキルが求められます。努力次第でスキルを身につけることは可能ですが、向いている性格なら成長が早いです。

ここでは、ホームページのデザインが向いている人の特徴を5つ紹介します。デザインに興味があり、当てはまる点があれば、挑戦してみるのも良いかもしれません。

コミュニケーションをとるのが好きな人

人とのコミュニケーションが好きな人は、デザインに向いています。人付き合いは関係ないと思われがちですが、デザインを作成するうえで、コミュニケーションは欠かせません。

  • 相手の意図を汲み取る
  • 相手に意思を伝える
  • 情報を整理して相手に伝える

価値のあるホームページを制作するには、依頼主とデザイナーのイメージをすり合わせが重要です。コミュニケーションが好きなら、情報を引き出したり、こちらの意図をうまく伝えられます。

頭の中のイメージを言語化できると、デザイン作成も進みやすいです。

依頼主とのやりとりはディレクターが行うことが多いですが、デザイナーが要望を汲み取ってくれるとスムーズな制作ができます。

無駄な作業が嫌いな人 

無駄な作業が嫌いな人は、デザイナーに向いています。デザインのスキルが高まると、無駄な作業が減るからです。

  • デザインのアイデアが増える
  • デザインツールの操作に慣れる
  • 類似パーツの使い回しと組み合わせ

デザインの経験を重ねると、作業が早くなります。無駄な作業が嫌いなら、はやめに経験を積んで引き出しを増やすのがおすすめです。

デザインには納期があります。スケジュール通りに完成させるためには、無駄な作業を減らして、業務の効率化を目指しましょう。

新しいことが好きな人

新しいことが好きな人はデザイナーに向いています。デザインに使うツールがアップデートされるからです。

業務効率や利便性の向上のために、新しい技術やツールが誕生しています。いつまでも古いツールを使っていると、対応できるデザインに限界がきます。

お客様の求めるデザインは時代によって異なります。ホームページの価値を高めるには、時代にあわせたデザインが求められます。

デザイナーとして長く活躍するためにも、新しいツールを使いこなしましょう。

事業ホームページのデザインには「わかりやすさ」「使いやすさ」が重要

事業ホームページのデザインには「わかりやすさ」「使いやすさ」が重要

この記事では、事業ホームページ制作に欠かせないデザインについて紹介しました。結論として、事業ホームページのデザインには、情報の整理と機能性が求められます。

ホームページに訪れたお客様が欲しい情報に、すぐにたどり着ける設計が重要です。さまざまなホームページを参考にしたり、実際に使うシーンをイメージすると、重要性に気づけます。

あなたがデザインに自信があれば、ご自身でやった方がコストを抑えられます。しかし、デザインが得意でないなら、制作会社に依頼するのがおすすめです。

デザインが整っていないと、せっかくアクセスが増えても、目的を達成できないホームページになります。目的達成のためにデザインは重要です。

WEBONDでは、「わかりやすさ」「使いやすさ」を重視したホームページを制作しています。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

事業ホームページに求められるデザインとは?【重要なのは情報整理と機能性】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事へのコメントはこちら

コメントする

CAPTCHA


目次