個人事業主様・中小企業様はお気軽にお問い合わせください。

【知らないと危険】ホームページに保守管理・運用が重要な3つの理由

【知らないと危険】ホームページに保守管理・運用が重要な3つの理由
相談者
相談者
  • ホームページの保守って何か知りたい
  • ずっと放置したホームページはどうなるの?
  • コスト削減のために保守契約を切ろうか迷っている

せっかく事業のホームページを公開していても、保守管理や運用をせずに放置している事業主はたくさんいます。

実は、事業ホームページに、保守管理と運用は重要です。保守管理や運用をしていないと、ホームページそのものが消える可能性もあります。

とはいえ、保守管理や運用を外部に依頼すると、毎月のお支払いが必要です。事業のコストを抑えるなら、必要性がわからない依頼はできません。

この記事では、ホームページに保守管理と運用が欠かせない理由を紹介します。記事を読めば、保守管理と運用にしっかりと向き合うことで、成果の出やすいホームページ運営ができるようになります。

保守管理・運用の必要性

■ 保守管理をしないと、不正アクセス被害のリスクが高まる
■ 運用をせずに放置すると、ホームページの価値が下がる

ホームページは公開して完成と思われがちですが、公開してからが始まりです。安全に運用できないホームページは、存在価値がなくなるので、非常にもったいないです。

目次

ホームページの保守管理(メンテナンス)重要な3つの理由

ホームページの保守管理(メンテナンス)重要な3つの理由
保守管理が重要な3つの理由
  • ドメイン・レンタルサーバーの保守
  • テーマやプラグインのアップデート
  • 最新のセキュリティ対策の実施

事業ホームページに保守管理が欠かせない理由を3つ紹介します。1つでも欠けると危険なので、必ず抑えてください。

ドメイン・レンタルサーバーの保守

ホームページを公開するうえで、ドメインとレンタルサーバーは欠かせません。利用するには、それぞれの管理会社と契約が必要です。

1年単位で契約できますが、更新タイミングを把握していないと危険です。下記が原因でホームページが消える可能性があります。

クレジットカードの更新漏れ
支払い設定しているクレジットカードの期限切れや、再発行により決済に問題発生
自動更新をOFFにしている
自動更新の設定をしないと、契約期間で満了
ログイン情報の失念
管理画面へのログイン不可

契約更新に失敗すると、ホームページが消えます。契約が切れる前に通知が届きますが、見慣れない送信元なので見逃しがちです。

ホームページの制作を依頼する際に、どちらがドメインとレンタルサーバー契約をするか明確にしておきましょう。更新漏れが心配なら、制作会社に管理を依頼するのが安全です。

テーマやプラグインのアップデート

WordPressで制作したホームページを運営するなら、テーマやプラグインのアップデートは必須です。アップデートしないと機能が停止したり、他の機能に悪影響をおよぼす可能性があります。

テーマ
ホームページ全体のデザインテンプレート
プラグイン
プログラミング不要で使える拡張機能

制作会社が作成したオリジナルテーマは更新不要ですが、外部のテーマを使用すると定期的なアップデートが必要です。テーマ自体の機能追加や、バグの改修が行われるからです。

プラグインは機能拡張よりも、バグの改修やセキュリティ対策のアップデートが多いです。

テーマもプラグインも、アップデートをしないと外部から攻撃を受ける可能性があります。安全に運用するなら、アップデートは重要です。

アップデートの注意点

テーマやプラグインの知識がないままアップデートをするのは危険です。これまで使えた機能が停止したり、他のプラグインとの相性でバグが発生する可能性があります。

アップデートが不安なら、制作会社に任せましょう。専門的な知識を持っているので安心です。

事業ホームページにWordPress(ワードプレス)がおすすめな7つの理由

最新のセキュリティ対策の実施

ホームページをはじめとするWEBサイトは、最新のセキュリティ対策を実施するのが理想的です。過去に通用していた対策のままだと、いずれ外部から攻撃されるからです。

不正アクセスなどの攻撃も、時代にあわせてアップデートしています。毎年のように新しい手口が増えているので、セキュリティ対策もアップデートしなければいけません。

1年以上前に制作したまま、セキュリティ対策をしていないホームページは危険です。事業のホームページが不正アクセス被害にあうと、下記のようなトラブルが発生します。

  • 顧客情報の漏洩
  • コンテンツを盗まれる
  • ホームページを消される

ホームページから顧客情報が漏洩すると、社会的な信用を失います。事業の存続だけでなく、賠償請求されるリスクもあるので、しっかりと対策してください。

セキュリティ対策は、プラグインで設定するだけのシンプルな対策から、ソースコードを編集するなど幅が広いです。あなたのホームページに最適な手段を選択してください。

ホームページの運用ってなにするの?

ホームページの運用ってなにするの?
ホームページ運用の内容
  • 記事の修正・削除
  • 運用レポートの作成
  • 連絡先の変更

WEB制作会社にホームページ運用を依頼する会社は多いです。継続的な運用ができるスタッフがいないからです。

スタッフ1人を雇用するより、WEB制作会社に任せた方がコストを抑えられます。とはいえ、運用業務の内容がわからないと依頼するのに抵抗がありますよね。

ここでは、ホームページ運用で行っているおもな内容を3つ紹介します。具体的なイメージがあれば、費用をかけてでも依頼するメリットがわかります。

ホームページ運用① 記事の修正・削除

ホームページ運用でもっとも多いのは、記事の修正や削除です。事業をしていると、さまざまな理由で修正・削除が必要だからです。

  • 商品やサービス価格の修正
  • 実績や補足情報の追加
  • 写真や画像の差し替え
  • 販売終了による削除
  • 誤字・脱字の修正

事業はお客様の需要や、時代にあわせて変化します。ホームページが更新されていないと、お客様は誤った情報に期待する可能性があります。

期待に応えられずに信頼を失うと危険です。悪い口コミはすぐに広まるので、細かな部分もしっかり更新してください。

運用の条件をチェック

修正や削除の回数に制限をつけているWEB制作会社が多いです。対応する回数や条件を、契約前にチェックすると安心です。

契約内容によっては、記事の公開を代行してくれるWEB制作会社もあります。

WEBONDでは、記事の原稿をご支給いただければ、公開代行も可能です。軽微な装飾や、日時指定の公開作業も承っております。

ホームページ運用② 運用レポートの作成

ホームページ運用② 運用レポートの作成

事業ホームページを効果的に運用するために、運用レポートは重要です。下記のデータを集計して、今後の施策に活用できます。

アクセス数
ホームページ全体のアクセス数を集計して、月ごと・日ごとの伸び率を確認
流入クエリ
どんなキーワードでホームページにアクセスしているか確認
よく読まれているページ
人気の記事がわかれば、お客様が求めている情報を読み取れる

計測する手段はいくつかありますが、なかでもGoogleが提供している「Google Analytics」と「Google Search Console」が人気です。期間ごとのデータをすぐに確認できるからです。

しかし不慣れな方にとっては、どこを見るかわからないでしょう。ツールの使い方が心配なら、運用レポートの作成まで依頼してください。

Googleの提供しているツール「アナリティクス」と「サーチコンソール」を設定すると、期間ごとのデータを集計できます。集計したデータをレポートにまとめるのは、運用していくうえで重要です。

レポート作成まで行う制作会社は珍しいです。WEBONDでは、オプションとしてご対応させていただいております。ご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。
>> お問い合わせはこちら

ホームページ運用③ 連絡先の変更

お問い合わせフォームに設定するメールアドレスや、電話番号を変更も可能です。事業名やサービスの変更、事務所の移転などで連絡先が変わったときは、すばやく対応しておきましょう。

連絡先を更新し忘れると、せっかくのお問い合わせを逃すリスクがあります。常に連絡が取れる体制を作ってください。

ホームページ制作と管理は同じ会社に依頼するのが安全

ホームページ制作と管理は同じ会社に依頼するのが安全

WEB制作会社にホームページを制作を依頼したら、保守や運用までセットで任せるのがおすすめです。制作した会社なら、あなたの事業ホームページの構成を把握しているからです。

他社が制作したホームページを途中から引き継ぐときは、下記の情報を1から調べなければいけません。

  • ホームページ構成の把握
  • 制作会社ごとの癖の調査
  • セキュリティ欠陥の調査

調査が不十分なまま運用すると、予想していなかった不具合が発生する可能性もあります。

A社では当たり前におこなっていた施策を、B社ではやっていないという可能性があります。WEB制作会社によって、制作フローや、品質の基準が異なるからです。

他社からの乗り換えの場合、事前の調査費用が高額になる可能性もあります。安心して運用してもらうためにも、はじめから同じ制作会社に依頼するのがおすすめです。

WordPressは引き継ぎの負担を軽減できる

WordPressは管理画面からページ数や構造を調べられます。引き継ぎの調査負担が減るので、WordPressで制作しておくのがおすすめです。
>> ホームページにWordPressを使用している企業10選【国内・海外】

事業ホームページの保守・運用は依頼内容を確認して申し込もう!

事業ホームページの保守・運用は依頼内容を確認して申し込もう!
保守管理の目的
ホームページを安全に保つため
運用の目的
売上や集客UPの目的を達成するため

この記事では、事業ホームページに保守管理と運用が重要な理由を紹介しました。どちらも事業ホームページの価値を高めるためには欠かせません。

保守管理ができないと、不正アクセスやバグのリスクが高まります。ドメインやレンタルサーバーの契約状況を把握しないと、ホームページが消えます。

ホームページを制作するには、事業ごとに目的があります。運用をせずに放置していると、ホームページを制作した意味がなくなります。

また、ホームページの保守・運用を依頼するときは、制作会社の対応範囲をしっかり確認してください。「〇〇くらいやってくれるだろう」と期待していても、サポートの対応範囲外だと断られるからです。

  • 保守・運用の費用
  • 保守・運用のサポート範囲
  • ドメインとレンタルサーバーの所有権

上記の3点は、かならず確認しておきましょう。納得したうえで申し込めば、安定した運用が可能です。

私たちWEBONDでは、下記をサポート範囲としています。月額定額でご対応しますので、ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

WEBONDの保守・運用サポート範囲

<保守>
 ▷レンタルサーバー・ドメイン管理
 ▷テーマ・プラグインの更新
 ▷セキュリティー対策の実施

<運用>
 ▷ページのテキスト修正
 ▷画像や写真の差し替え
 ▷記事の投稿代行
 ※月に4回まで可能。5回目以降は要相談。

<エラー・バグ対応>
 エラーやバグが発生したら復旧作業を行います。
 ※お客様起因のエラーの場合は別途費用をいただく場合がございます。

<お困りサポート>
 ホームページ運用についての疑問にお答えします。
 ※月1回
 ※ご質問内容によって回数に変動あり
 ※WEBOND側の不備の場合は無制限

【知らないと危険】ホームページに保守管理・運用が重要な3つの理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事へのコメントはこちら

コメントする

CAPTCHA


目次